癒し効果のある照明器具|北欧風の部屋にしたいならオーダーカーテンがおすすめ

北欧風の部屋にしたいならオーダーカーテンがおすすめ

室内

癒し効果のある照明器具

岩塩ランプ

湿気を避けて設置する

塩は、湿気に弱いという特性があります。岩塩ランプも、湿気のある場所では水滴が発生することがあるので、トイレやお風呂など、湿気のある場所にはおかないように工夫することが大切です。臨界湿度は75%とされているので、湿度がそれ以上になる部屋は避けましょう。また、岩塩が溶け出すのを防ぐためには、一日に1度は明かりをつけるようにするのが効果的です。明かりをつけると、岩塩が空気中の水分を吸うことを防げるため、湿気の影響を感じずに岩塩ランプを使い続けることができます。長期間使わない場合は、コンセントを抜いてからビニール袋で包み、密封してから湿気のない場所で保存するのがベストです。きちんと管理すれば、良い状態で長く使い続けられます。

マイナスイオンが発生する

岩塩ランプは、岩塩の塊から作られたランプの事です。特に、ヒマラヤの岩塩を使った岩塩ランプは人気があり、需要が高まっています。明かりをともすとマイナスイオンが発生するのが特徴で、家の中に癒し空間を作り出すことができます。岩塩ランプから放たれる光の波長は、細胞の周波数と共鳴するため、より高いリラックス効果が得られることでも知られています。また、岩塩にはそれぞれ独自の模様があるため、どの岩塩ランプも、世界に一つだけのオリジナルランプです。ふんわりとした柔らかな光で、視覚的にも楽しませてくれます。マイナスイオンを全身に感じ、ゆったりとした気分で寛げるのが、岩塩ランプの最大の特徴であると言えるでしょう。